読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フライパン料理にプラスチックのおたま

f:id:otto_housework:20160403140140j:plain

 

スポンサーリンク

 

 

「ご飯、できたよ」と呼ばれて階下に降りてみたら、
フライパンの炒め物に蓋がしてあって、
そこにプラスチック製のおたまが突っ込まれていました。

 

「えっ!!これで料理したの?」

 

「料理はしないけど、盛付には使ったよ?」

 

で、そのまま、熱いフライパンの中に突っ込んでいたわけだ・・・

 

みたら、案の定、取っ手のところが熱で溶けて変形しています。
高熱のフライパンにプラスチックを触れさせたら溶けるって、
気が付かないのかな。わからないのかな。

 

自分はなぜそれを知っているんだろう。
そうだ、実際に同じ経験があるからだ。

 

それで、ギョッとして以後は気を付けるようになったんだ。

 

ということは、夫も同じ経過をたどれば普通は気が付くはずなので、
単に経験不足とも言えますが、
うちの夫の場合は、「ものをよくて見ていない」という、
最大の欠点がございまして、
たぶん、「溶けている」ということに気が付かないと思う。